カテゴリー: 管理人オススメ / 衝撃・驚愕

中学生の頃エアガンで893を狙撃したら大変な事になった

2017-08-07 15:50:51
現在の俺のスペック

19歳 ニート

当時の俺15歳 中学3年生

 

俺が住んでいる地域は、宗教と暴力団の町と呼ばれるほど、宗教団体と暴力団の建物がたくさんある地域だ。

 

田舎だから、土地代が安いらしくそういう人が集まるらしい。

 

当時の俺はエアガンにハマっていた。

 

だが、10歳以上のエアガンの威力に飽きた俺は、同じくエアガン好きの父親を言葉巧みに騙し、18歳以上のエアガンを購入した。

 

買ったのはコルト ガバメントというエアガンだ。

 

買った時はまさかこのエアガンのせいであの事件が起こるとは思いもしなかった。

 

ある日学校の帰りのHRで、先生が真剣な顔で話し始めた。

 

「近々○○(地名)周辺で、暴力団の抗争が起こるかもしれないということだ。みんなしばらくの間外出を控えるように。」

 

といった話だった。

 

「俺の後ろの家○○組の人だぜーwwww」とか

 

「俺○○組の人と話したことあるぜーwwww意外に優しいんだぜーwwww」

 

とか、クラスがざわめき色々な話が聞こえてくる。

[INNER_AD2] [/INNER_AD2]

しかし俺は震えていた。

 

ヤクザの抗争なんて、つまり銃撃戦ってことなのか?もしかしたら流れ弾が当たるかもしれないのか?

 

色々な事が頭をよぎった。そして俺は決意した。

 

『ヤクザをエアガンで狙撃しよう』

 

好奇心旺盛で無駄に行動力のある俺は早速、少ない小遣いで武器を調達することにした。

 

おもちゃ屋に行き、1500円のキャットナックルというメリケンを購入。

 

そして駄菓子屋にて、煙玉を大人買いした。火をつけると青っぽい煙の出る玉だ。

 

友達には内緒で俺はこの計画を練っていった。もちろん家族にもだ。

 

周りの人を危険な目にさらしたくなかった。

 

そして0.25gのバイオBB弾を購入。外で撃つことになるのでと思い、土に還るバイオBB弾にした。

 

我ながら環境に優しい子だと思った。

 

俺の考えた作戦はこうだ。

 

まずヤクザの家の近くのアパートを探す。そのアパートの階段に潜伏。

車や玄関から出てきたヤクザをエアガンで狙撃

状況に応じて煙玉やメリケンを使用

 

完璧だった。本当に自分がプロの殺し屋になったような感覚でワクワクしていた。

 

そして次の日、俺は作戦を実行することにした。


次ページへ続きます


関連記事