カテゴリー: 修羅場

夜中の3時にインターホンが鳴った。「夜分遅くに申し訳ありません。お住いの方みなさんにお聞きしているのですが・・・」→

2018-03-25 16:10:48

6年前港区で一人暮らししてた


築浅の綺麗なオートロックマンションだったけど、ちょっと訳ありの人が住むマンションで、キャバ嬢・風○嬢・ホスト・飲食業・売れないグラドル・絶妙な服装で絶対顔を見せない人とかが集まってるところ

そういうマンションだから夜こそ人がいなかった

 

俺も飲食業だったから普段は夜に家にいることは全然ないんだけど、その日は具合が悪いから店休んで家にいた。

深夜3時ちょい前に部屋の電気消してベッドでゴロゴロしてたんだけど、急にインターホンが鳴った。

 

そのマンションはオートロック越しの来訪と玄関直での来訪で音が違うんだけど、その時は玄関直の呼び出し音が鳴って飛び上がるくらい驚いた。



驚きすぎて起き上がったまま硬直してたら、2回3回とインターホンが押される


同じ階の住人がなんかあったんかなって思って仕方なく取ったんだよ、インターホン

 

「夜分遅くに申し訳ありません」

 

ちょっと酒焼けしたようなおっさんの声だった

 

「はい」

 

「お住いの方みなさんにお聞きして回っているんですが、殺していただけませんか?」

 

「殺して?」

 

「私をですね、殺害してもらいたいんですよ。殺人、ご存知ですよね」

 

「何言ってんの?」

 

「無理なようでしたら、あなたを殺させて頂けませんか」

 

「頭おかしいんじゃねーの!」

 

インターホン叩き切って、またベッドに戻った

 


次ページへ続きます


関連記事