学生「ここで降ろしてくれや」 タクシー「降ろすで」 遺族「5000万円くれや」

2017-10-27 05:42:30

学生「ここで降ろしてくれや」 タクシー「降ろすで」 遺族「5000万円くれや」

引用:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1508952860/

1: 名無しさん@涙目です。2017/10/26(木) 02:34:20.01 ID:oxDMa8M90

松山市の山中で07年、愛媛大学医学部の男子学生(当時23)が凍死したのは
個人タクシーの運転手(64)が泥酔した学生を現場付近に降車させたためだとして、
遺族が慰謝料など5千万円を求めた訴訟の判決が24日、松山地裁であった。
武田義徳裁判官は「最寄りの警察署などに降車させるべきだった」として安全配慮義務違反を認め、約4100万円の支払いを命じた。

判決によると、学生は07年12月21日夜、松山市内で友人らと酒を飲み、22日未明、帰宅するため1人でタクシーに乗った。
運転手は松山市玉谷町の国道で降車させ、学生は約200メートル歩いたところで石手川の河原に転落して凍死した。
降車場所は学生の自宅から約4キロ離れた山中だった。



裁判で運転手側は、降車時の状況について「学生が停車を指示し、『間違いないのか』という問いに対して
『ここでいいです』と答えた。酔っているようには感じなかった」と主張した。
しかし、判決は、学生の飲酒量やタクシー内でのやりとりなどから「学生は泥酔しており、運転手も認識していた」と認定。
こうした主張を退けた。
そのうえで「運転手は現場付近の地理に詳しく、泥酔した学生を降車させれば、
転落や凍死の危険性があることは明らかだった」と指摘した。

http://www.asahi.com/national/update/0325/OSK200903250117.html

関連記事