カテゴリー: 炎上・話題

子供を車内放置してパチ屋に入ろうとした母親に注意した結果・・・

2017-07-30 14:18:58
毎年、暑い時期になると『車内放置による熱中症で死亡』のニュースを一度は耳にします。

 

7月には、障害者支援施設でも不在を知っていながら安否確認せず、19歳の若者が死亡してしまいました。

 

JAFが行った車内の室温の変化をテストした結果を見てください。




Q晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編




  • 真夏の炎天下の車内は、エンジン停止後わずか30分で約45℃を記録。

  • 熱中症などの危険があり、炎天下の車内に子供や高齢者を残さない。

  • 可燃性の高い危険物は、車内温度の上昇で破裂や引火の可能性がある。



Answer





JAFは真夏の炎天下で車内温度がどのように変化するのか、テストを行いました。8月の晴天で外気温35℃の状況下において、昼12時から16時の4時間、車内温度を測定しました。窓を閉め切った車両(黒色のボディ)では、エンジンを停止させてわずか30分後の12時30分頃には車内温度は約45℃を記録。その後も上昇を続け、15時頃には55℃を超えてしまいました。車両の窓をそれぞれ3㎝程度開けた状態の車両では、30分後の車内温度は約40℃、15時の時点では約45℃と若干の低下がみられましたが、それでも車内に留まるには厳しい車内温度になることが分かりました。



車内温度の変化

全文はコチラ

引用:JAF クルマ何でも質問箱


 




たとえ短時間でも、ものの5分ほどで脱水症状や熱中症の危険レベルに達するそうです。

体力の低下したお年寄りは、体温調整機能が低下している可能性もある為、さらに危険となります。

これはもちろん人間だけではなく、ペットも同じです。

犬やネコと一緒にお出かけしたい気持ちはわかります。(筆者も犬を飼っています。)

しかし、外に連れ出せないような場所に行くときは、連れて行かないようにしましょう。

子供を車内放置してパチ屋に入ろうとした母親に注意した結果・・・



 






8月に近づくと思い出すことがあって…

 

 

6年前の8月の暑い日のこと

 

 

パチ屋の屋根無し駐車場で

 

 

子供を車内に残してパチ屋に入ろうとした母親がいて注意したんだよね

 

 

所謂、車内放置ってやつ

 

 

そしたら、その母親が逆ギレして、揉めに揉めたんだ

 

 

揉めてる最中に

 

 

駐車場管理のおっちゃんも加わってさらに大揉め

 

 

おっちゃんと俺とで、何とか、子供を放置しないよう説得したんだ

 

母親という自覚のない人の呆れた態度に驚愕!


 


次ページへ続きます


関連記事