カテゴリー: 管理人オススメ

父とタバコを吸いに出た。父「満足したから寝かしてくれ」俺「ああ」→俺は父を安楽死させるために・・・

2017-09-12 08:14:56
昨年12/22、父が亡くなった。

 

享年72歳。

 

やせぎすで俺が知ってるだけで肺気胸を2回やってた父は

 

タバコと珈琲が大好きだった。

 

一生職人でい続けると豪語してたんだが

 

事実入院中も仕事のことばっか考えてたよ。

 

医者が大嫌いで、泣き言を言わない

 

ザ昭和の爺さんて感じだった。

 

痛いって単語を父の口から聞いたことがなかった。

 

その父が11月中旬にどうも胸が痛いと言って

 

自分から病院に行ったんだ。

 

本人は、また肺気胸と思ってたらしい。

 

ところがCT撮ってみても気胸ではない。

 

それどころか、変な影があるってことで

 

総合病院で受診することになっのが11月下旬。

 

診断結果は本人が医者から聞いたらしいんだが

 

その時点で原発性は肺癌と膵臓癌

 

さらに転移で肝臓癌がみつかった。

 

医者には家族には絶対言うなって言ったらしい。

 

結局、数日後入院して母にも告知されたわけだが。

 

その後、いろいろ診察するも膵臓がエンドステージで

 

肺も肝臓に転移があるためオペできるレベルじゃないとか。

 

もともと泣き言とか男らしくないことが嫌いな父だったのだが

 

 

医者にたいして苦しまずに安楽死させてくれと申し出たそうな。


次ページへ続きます


関連記事