カテゴリー: 管理人オススメ

コンビニでバイト中いかにも893なおっさんに丸い物体を預けられたんだが…

2017-09-08 09:32:32
高校生のころにコンビニでアルバイトをしていたら

 

いかにも893なおっさんがワンカップを購入していった。

 

都内のそれなりに治安がいい場所で、893を見たのは最初で最後。

 

おっさんはヨレヨレのスーツを着ていて、指が何本かなかった。

 

カウンターにお金を置いたときに血が滴って驚いた。ぱっと見は怪我してなかったのに。

 

それから人の頭くらいの大きさの、ぐるぐるに巻かれた薄オレンジの毛布の塊を渡されて

 

預かってくれって言われた。とりあえず預かった。

 

おっさんは店先に座り込んでワンカップを飲んで、ふらふら歩いて行った。

[INNER_AD2] [/INNER_AD2]

コンビニは駅近で駐車場があるわけでもなく、店先はそれなりに人通りのある歩道なので

 

そんなところで座り込んでお酒飲むのにびっくりした。

 

座っていた場所にも血が流れていて、オーナーのお母さんが(家族経営の店だった)

 

ああいう人はかわいそうな人なんだよ、って言いながら掃除をしてくれた。

 

ワンカップの空き瓶も放置されてた。ゴミ箱隣なんだから捨てろよ、と思った。

 

3時間くらいして引き継ぎの時間になったとき、次の人におっさんの説明をして

 

戻ってきたら毛布の塊を返してくれって言ったら

 

時限爆弾だったらどうするんですか!?って言われた。

 

耳当ててみたけど時計の音はしなかった。

 

そのときちょうどおっさんが戻ってきた。

 

ヨレヨレのスーツだったのに、ビシッとした全身真っ白のスーツに着替えていた。

 

散髪もしていて顔つきがすっきりしていた。

 

預かっていた毛布の塊を返した。

 

それで終わり。

 

あの中身は何だったんだろうなーと今でもたまに思う。

 

拳銃とかだったのかなあ。

 

おっさんは無事だったんだろか。

 

http://himagoku.com/archives/1663

http://himagoku.com/archives/1356

http://himagoku.com/archives/1021

引用:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その7

関連記事