カテゴリー: 管理人オススメ

【涙…】嫁が病気で亡くなった。嫁は俺ら家族に、毎年一年毎、そして人生のイベントに対し各々手紙を書いていた。だがある日家が浸水。手紙は捨てられてしまい…

2017-09-05 08:10:34
亡くなった嫁の手紙を、捨てられた。

 

嫁が30ちょっとでなくなった。当時息子も娘も保育園の年齢。

 

病気だったから準備の時間があって、俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと

 

そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。

 

息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。

 

俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。

 

一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、これがあるから死にたいと思っても死ねなかった。

 

誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、先に読んでしまうことはしなかった。

 

ところが家が浸水してしまい、手紙がびしょびしょで復活できない状態。

 

それでもどうにか…と思っているうちに捨てられてしまった。

 

魂が抜けたかと思っていたら、息子が手紙の写真?携帯でとったやつを持っていた。

 

震災のニュースを見ていて、写真や手紙もデータにしとけば

 

万が一のときも残る可能性があるなと思って、中身は極力読まずに撮っておいてくれたらしい。

 

バックアップも複数してあるそうで、もし息子の携帯が壊れてもみられるんだとか。

 

それをきっかけに、今まで見なかった嫁個人の日記というか

 

入院中に書いていたノートのデータを見た。


次ページへ続きます


関連記事