カテゴリー: スカっとする話

彼氏と女Bの〇〇どり写真を渡された私はしばらく学校を休んだ→久しぶりの登校後、彼氏「久しぶり!心配してたんだぞ」私「うるさい!この万年発情期!」

2017-08-29 20:18:55
私は中学のときAという人と付き合っていた。以下元彼A。

 

最初は見た目が不良っぽかったし

 

話したこともなかったので告白を断っていたが

 

何度も話しているうちに元彼Aを好きになり付き合うことになった。

 

実際付き合っていたときは楽しかったし、本当に元彼Aのことが好きだった。

 

私は小学校のときに父が亡くなって母子家庭なんだけど

 

母は絶対に再婚しないと言っていた。

 

母に言い寄ってくる男は既婚者が多く母は毎回奥様に悪いので。

 

と言って断っていた。

 

私は母に『浮気や不倫をするような人は最低。どんな理由であっても許してはだめ』と教わっていた。

 

そのことを元彼Aにも話し、浮気したいなら私と別れてからしてね

 

と何度も言っていた。

 

私と付き合っているときくらい私だけを好きでいて欲しいからと言ったら

 

元彼Aは「分かってるよ。浮気なんて最低な真似は絶対にしない」と言っていた。

 

それから何ヶ月か経ち、ある日元彼Aといつも一緒にいる男と廊下をすれ違ったときに

 

「さっさとヤらせてあげなよ?Aが可哀想www」

 

みたいなことを言われた。

 

最初は意味がわからず、気にしてなかったのだがそれから殆ど毎日

 

元彼Aの友人たちに上のようなことを言われ続けた。


次ページへ続きます


関連記事