カテゴリー: 涙腺崩壊・感動

今月子供を助けて片腕を失った。自分は他人に同情される、可哀想と言われる存在になった事に気づいた。

2017-08-23 08:24:22
今月腕を失ったんだよね。

 

簡単に状況を説明すると、道路を飛び出した子供を左手で掴んで自分の右手にパス。

 

逃げ遅れた左腕がトラックのどこかに挟まれてグチャグチャ。

 

壊死する可能性があったんで切り取った。

 

何の問題もないと思ってた。痛かったけど。

 

昔、手話を学んだ時に障害なんて単に特徴にしか過ぎないと分かっていたし。

 

片手になって不便になっても日常生活は十分こなせるし。

 

子供の両親から神扱いされたし俺も

 

「二本ある腕の一本なくしただけで一つしかない命すくえた俺っていい男じゃん」

 

なんて一人悦に入っていた。

 

「足じゃないから来年のWCで君の国を倒すのに問題ない」と

 

能天気に看護士に馬鹿言ってたよ(関係ないが海外在住)。

 

その後怖くなった。

 

見舞いに来てくれた友人に同情される度に怖くなった。

 

可哀想と言われる存在になった事に気づいたよ。


次ページへ続きます


関連記事