カテゴリー: スカっとする話

【まさかの展開】嫁『ごめんなさい…許して!』俺「どうした?何があったんだ?」嫁『カレンダーを外してみてください・・』→俺「催告書?え?明渡の強制執行をする・・?」

2017-08-21 11:42:18
俺は不動産会社勤務、嫁と二人暮らしで、自宅は賃貸(家賃、月額10万円)。

 

まだ、結婚2年目なので取りあえず小梨。休みは毎週水曜日+1日(社員で調整)。

 

これが前提。

 

先日、帰宅すると、なにか嫁の様子がおかしい。

 

いつもは良くしゃべる嫁が今日に限ってうつむき気味でほとんど口をきかない。

 

生活板、家庭板に入り浸っている俺は、「まさか、浮気か??」とか妄想して、半ば、面白半分に

 

嫁に対して、「どうした、何があったんだ」と詰め寄ってみた。

 

すると、嫁は、「ごめんさい、俺さん、許してください」と泣き崩れた。

 

俺は本当にビックリした。

 

「おい、冗談だろ・・・」

 

すると嫁は、玄関に掛けているカレンダーを指して

 

「カレンダーを外して見てください」と言った。

 

俺は訳が分からずカレンダーを外した。

 

するとその裏に、「催告書?」とかいう書類が貼られていた。

[INNER_AD2] [/INNER_AD2]

内容は、「○月○日午後○時に明渡の強制執行をする。××裁判所執行官△△」といったものだった

 

他にも事件番号とかいろいろ書いてはあった。

 

何だこれは????

 

嫁の話だと、今日の午前中、裁判所の執行官を名乗る人物ほか4,5人の男が来て

 

部屋に立ち入り、この書類を貼っていったそうだ。

 

そのうちの一人が債権者代理人の弁護士だと名乗って名刺を置いて行ったとのことだった。

 

カレンダーの裏に貼られていたのは、家に来る人にわからないようにするための配慮だったらしい。

 

俺は不動産会社に勤務していることもあり、建物の明け渡しの強制執行に判決が必要なことは知っている。

 

しかし、そもそも俺は、判決はおろか、裁判所からの書類など受け取ったことがない。

 

いったいこれはどういうことだ。

 

それで、俺は嫁に

 

「まだ隠していることがあるだろ、裁判所から書類が届いているだろ」と言った。

 

すると、嫁は「ごめんさい」と言って、泣きながら裁判所から届いた書類を出してきた。

 

3か月位前に裁判所から書類がきていて、家主の明渡の請求を認める判決が出ていた。

 

しかし、ちゃんと家賃を払っているのになんでこんな裁判を起こされたんだ、と思った。

 


次ページへ続きます


関連記事