「もう3年生だから自分でできるよね?」と娘に言い嫁は間男の所へ。「ママ忙しいんだね」その言葉に俺は決意した。

各自のスペック (年齢は当時)

俺:
34歳 転職したばかりのリーマン
元嫁:
29歳 専業 子蟻

間男:
30歳 小商人
間嫁:
30歳 専業 子蟻

前提:
・リストラされる直前あたりから元嫁が近所の店にパートに出る
・間男はそこのオーナー
・しかも立地が良かったのでそこそこはやってた
・元嫁は元々社交的だったので、店内のムードメーカー(だったらしい)

 

リストラされてから、俺は昼は転職活動と、夜は不定期でガードマンのバイトをやっていたのだが、この時期から元嫁の帰りが急に遅くなり始めた。

 

「バイトの子が休んじゃって」とか「棚卸が」とか、色々と言い訳はされてはいたが、当初の俺はそれを信じた。

 

何より、自分が職を失ったことで、元嫁が家計を支えてるという負い目と、高校生とか大学生のバイトに「お姉さん的に」慕われて元嫁が楽しそうだったから。

 

とりあえず飲み会も、俺はすべて許した。

 

帰り時間は日付が変わるまでを門限としたが、だいたい2時とか3時になることがざらだったとしても。

 

浮気がわかったのは、はっきり言って元嫁がバカだったからw

間男に自分ちのアパートの角まで送ってもらって、車降りて運転席の間男にキスしてるところを、コンビニから帰ってきた俺目撃ww

 

膝が震えた。腋と背中に脂汗が出てきた。

 

色んなものが繋がった。

 

ここんとこずっとレスだったというか拒まれてたし、当時はスマホなるものがまだ普及していなかったが、なぜか急に携帯を新しくしたがったし、何よりも俺や子供を煩わしくする態度がずっと目立っていた。

 

パート先の若い子たちが、休みを合わせて遊びに行くのをしきりに羨ましがったり、それに行けない自分を嘆いたり。

 

それから一週間くらい、放心状態でほとんど眠れず昼はハローワークにも行けず、夜のガードマンのバイトもぼーっとした状態が続いた。

 

元嫁は、もうその頃には午前様で帰るのが当たり前になっていた。

 

店の閉店は8時だってのに。

 

明日が子供の遠足だってのに、何も用意してやらず

 

「もう3年生だから自分でできるよね?」と言って出かける元嫁を、「ママ忙しいんだよね」と言った娘の顔を見たとき離婚を決めた。

 

今でこそ、この板でこの手の案件のセオリーはわかっているけど、ヘタレの俺が何よりも優先したのは、慰謝料でも制裁でもなく親権だった。

次ページへ続きます

関連記事