【壮絶】バレエ教室で主役に抜擢された途端、壮絶なイジメが始まった・・・

私の姉がバレエを習っていたので

 

ついでだからと私も2歳からバレエスクールに入れられた(姉は幼稚園卒園時に辞めた)

 

2歳から習ってるのであたりまえだが、他の子より上手に踊れた

 

だけどそのバレエ団は、金持ち優遇主義

 

発表会に20万出せば主役・10万で準主役

 

ド下手くそでも親がお金を出せば主役のお姫様の役になれる

 

貧乏ではないけれど私の親は基本出演料しか出さないので、いつも脇役だった

 

 

そんな中、実力主義のバレエ団の本部が、区内に移転してきた

 

快活なオーナー先生(女性)、レッスンはスパルタ

 

オーナーへのお中元・お歳暮・心付けは禁止

 

発表会出演料は全員一律3万

 

一番上手な子は主役、下手くそは脇役

 

パチンコ屋の社長の娘でも下手な子は脇役

 

それを知った母親は、私をそのバレエ団に転入させた




誰にでも平等に接するオーナー先生が好きで

 

月~金まで週5で通った私はすぐにオーナーに気に入られ

 

2歳からのキャリアがあるので、発表会ですぐに主役の座を手に入れた

 

自然と始まる嫉妬と女社会のジメジメとしたいじめ

 

運の悪いことに、転入先のバレエ団には同じ小学校に通うA子がいた

 

バレエのキャリアは当然2歳から始めている私の方が上

 

しかし、そこのバレエ団に関してはA子が半年先輩

 

だけどA子は半年前にバレエを始めたばかりなので、

 

当然幼少期から習っている私とは雲泥の差

 

このA子が曲者で、学校で私の悪口をないことないこと言いふらした

 

「私子のお父さんは泥棒で警察に何度も捕まっている」等々(現代なら教育委員会や弁護士が介入するレベル)

 

私の父は前科など一切ない善良なサラリーマンだった

 

A子のせいで学校でもいじめにあったが、スルーしていた

 

反論せずスルーしていたのがいけなかったのか

 

結果的に私は数年間、学校でも孤立ししまった

次ページへ続きます

関連記事