個人タクシーをやってた伯父は猛烈に酒の臭いがしている人は乗車拒否してた。でも本当の目的は別にあった・・・

関連記事:学生「ここで降ろしてや」運転手「本当にここでええんか?」学生「ええから降ろせ」→遺族「5000万払えや」


 

個人タクシーをやっていた伯父。

 

浅く酔っている人は乗せるけど

 

猛烈に酒の臭いがしている人は乗車拒否する人だった。

 

酔っ払いは備品を壊すし、トラブルになるし

 

時間を取られて仕事にならないからってことらしい。

 

だから長距離でも、酔いを醒ましてからタクシーを呼んでくださいって

 

断るようにしていると言っていた。

 

でも、本当は断っていた理由は別にあった。

 

次ページへ続きます

関連記事