裏社会の組織からヤバい仕事を外注されていた男が語る「闇に葬られた地下の井戸の存在」

これを書いたら、昔の仲間なら俺が誰だか分かると思う。

 

ばれたら相当やばい。

 

まだ生きてるって知られたら、また探しにかかるだろう。

 

でも俺が書かなきゃ、あの井戸の存在は闇に葬られたままだ。だから書こうと思う。

 

文章作るの下手だし、かなり長くなった。

 

しかも怪談じゃないから、興味の湧いた人だけ読んで欲しい。

 

 

今から数年前の話。

 

俺は東京にある、某組織の若手幹部に使われてた。Nさんって人。

 

今やそういう組織も、日々の微妙にヤバい仕事は、アウトソーシングですよ。

 

それも組織じゃなく、個人が雇うの。

 

警察が介入してきたら、トカゲの尻尾切りってやつね。

 

その代わり金まわりは、かなり良かったよ。

 

俺は都内の、比較的金持ちの日本人、外国人が遊ぶ街で働いてた。

 

日々のヤバい仕事っていうとすごそうだけど、実際に俺がやってたのは

 

ワンボックスで花屋に花取りに行って、代金を払う。

 

その花を俺がキャバクラから、高級クラブまで配達する。

 

キャバクラ行くと、必ず花置いてあんだろ?あれだよ。で、花配りながら集金して回る。

 

もちろん花屋に渡した代金の、3~5倍はもらうんだけどね。

 

3万が10万、5万が25万になったりするわけよ。

 

月に3千万くらいにはなったね。

 

俺がやるヤバい仕事ってのは、最初はその程度だった。

 

それでも結構真面目にやってた。相手も海千山千のが多いからさ。

 

相手が若僧だと思うと、なめてかかって、値切ろうとするバカもいるんだよね。

 

その度に暴力沙汰起こしてたんじゃ、仕事になんないわけだ。

 

起こす奴もいるけど。でも警察呼ばれたら負けだからね。

 

次から金取れなくなるから組から睨まれる。タダじゃすまんよ。

 

そういう時、俺は粘り強く話す。

 

話すけど、肝心なトコは絶対譲らない。

 

一円も値切らせないし、ひとつの条件もつけさせない。

 

前置き長くなったけど、まあうまくやってるってんで

 

Nさんの舎弟のSさん、Kさんなんかに、結構信頼されるようになった。

次ページへ続きます

関連記事