元夫から「市役所の臨時職員に受かった。これで君を養っていける。俺のこと見直したろ?」と手紙が来た。来月の3月までの雇用なのに何を勝ち組になった気になってるんだろう…

昨日、父から電話がかかってきて、実家あてに元夫から郵便が届いたとのこと。

 

見た感じ危険物は入ってなさそうということなので、開封して中を見てもらった。

 

某市役所の臨時職員採用通知のコピーとともに、手紙が2枚。

 

一応、FAXで送ってもらって読んでみたけど、手紙は要するに

 

「これで君を養っていける。俺のこと見直したろ?今なら元の夫婦に戻れると思わない?(←私視点の意訳です)」

 

という内容だった。

 

臨時職員といってもこのご時世、採用試験を受けて合格したのはそれなりに立派だとは思いますが、来年3月までの期限じゃないのよ・・・orz

手紙に書いてた連絡先には、父に頼んで「お前とはもう関係ない二度と連絡してくるな!」と伝えてもらうことにしました。

 

念のため元夫のことですが、元夫(もうすぐ30歳。のはず)は

 

人に誘われて買った株がたまたま『その時は』当たりだったことに味を占めて

 

脱サラして投資家としてやっていくんだ!と変なドリーム見て

 

私に何の相談も無しに仕事辞めて、最後は私実家を抵当に入れてお金を工面できないか

 

などと言い出したために最終的に離婚に至りました(2年前)。

 

私はといえば、父が親しくしている方のお世話で、お見合いの話が持ち上がっているところです・・・

 

お相手の方の履歴もまだ見てませんし、どうなるかはまだ分かりませんが。

 

手紙の内容をもう少し詳しく書くと

次ページへ続きます

関連記事